ここから本文です

【ブラジル】医薬品販売、数・額ともに拡大

サンパウロ新聞 6月14日(火)3時29分配信

 ブラジル医薬品物流協会(Abradilan)加盟企業全体の2016年4月の医薬品の販売数量は6864万個、売上高は12億5000万レアル(約375億円)に達した。15年4月は6679万個、11億4000万レアルだった。医療情報サービス大手のIMSヘルス(IMS Health)の調査結果として6日付伯メディアが伝えた。16年1~4月の販売数量は3億490万個、額は51億8000万レアル。15年同時期に対してそれぞれ16.02%、21.75%伸びた。同協会の代表はこの伸びについて、年初の通常の動きの範囲内だとしている。

サンパウロ新聞

最終更新:6月14日(火)3時29分

サンパウロ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。