ここから本文です

クリスティーナ・グリミーの死にセレーナ・ゴメスらが追悼の意を表明

ELLE ONLINE 6/14(火) 21:02配信

オーディション番組「ザ・ヴォイス」シーズン6に出演、シンガーとして活躍していたクリスティーナ・グリミー。6月10日(金)、彼女がオーランドで行われたサイン会で男性に銃撃され、死亡するというショッキングな事件が起きた。これを受けて「ザ・ヴォイス」の審査員だったアダム・レヴィーンやクリスティーナ・アギレラが、クリスティーナ・グリミーへのメッセージを発表。アダムは「妻のベハティと私は彼女の悲劇的な死に打ちのめされ、心を痛めている。クリスティーナは生まれながらにして素晴らしい才能をもっていた。あまりにも早い死だ」、クリスティーナ・アギレラも「クリスティーナの死をとても悲しく思う。彼女は『ザ・ヴォイス』ファミリーの美しいメンバーで本当のファイターだった」とツイート。

またクリスティーナの友人だったセレーナ・ゴメスは、誰よりも大きな衝撃を受けているひとり。セレーナはツイッターに彼女と撮った写真をアップし、「私の心は完全に粉々。クリスティーナが恋しい」とツイート。翌日にマイアミで行ったコンサートでも彼女への想いを語り、楽曲「Transfiguration」を捧げたそう。

また、現地時間6月12日(日)には同じオーランドのクラブで銃撃事件が発生、50人が犠牲になった。立て続けに起きた銃の事件にセレブたちもショックを受け、追悼メッセージを表明している。レディー・ガガは「暴力を変えるために私たちができることが、この世界に反映されるのを夢見ている」、アリアナ・グランデも「どうしてどうしてそんなに憎めるの?」、ケイティ・ペリーも「これが私たちが今生きている世界の出来事だなんて信じられない」とツイート。

両事件ともまだ捜査中ではあるけれど、銃規制の問題、2つめの事件ではクラブがゲイに人気のエリアにあったことからLGBT差別を指摘するセレブたちも。これらの問題をめぐるセレブの活動を含め、続報にも注目したい。(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:6/14(火) 21:02

ELLE ONLINE