ここから本文です

錦織が芝の初戦をクリア [ハレ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 6月14日(火)12時1分配信

 ドイツ・ハレで開催されている「ゲリー・ウェバー・オープン」(ATP500/6月13~19日/賞金総額170万610ユーロ/グラスコート)のシングルス1回戦で、第2シードの錦織圭(日清食品)が危うい滑り出しを克服し、ルカ・プイユ(フランス)を6-7(5) 6-1 6-4で下した。

 錦織は試合の出だしで0-3とリードを奪われたが、そこから挽回して勝負をタイブレークに持ちこむ。彼は自分のサービスで最後の2ポイントを取ることができず、結局、プイユがセットを取った。

 第2セットでは錦織が迅速にゲームを重ねていくが、彼は肩の問題らしきもののためにメディカル・タイムアウトを要求した。

「ベスト4、決勝といける可能性を感じていた」と錦織、ガスケに4回戦で敗れる [全仏オープン]

 第3セットでの錦織は第7ゲームでプイユのサービスをブレークしたあと、自分のサービスをキープして試合を締めくくった。

 過去2年のハレでベスト4まで進んでいる錦織よりも、プイユは12本多い34本のアンフォーストエラーをおかした。プイユは4度の挑戦で、まだ1度も芝の上で勝ったことがない。

 雨が降っていたため試合は屋根の下で行われ、この日の残りの試合も屋根を閉じたままだった。

 第5シードのダビド・ゴファン(ベルギー)はボルナ・チョリッチ(クロアチア)を7-6(5) 6-7(3) 6-4、2時間47分で制した。

 予選を勝ち上がったセルゲイ・スタコウスキー(ウクライナ)はデニス・クドラ(アメリカ)を7-5 4-6 6-3で破り、予選勝者同士となったベンジャミン・ベッカー(ドイツ)とエルネスツ・グルビス(ラトビア)の対戦はベッカーが7-5 6-3で勝ち、2回戦へ駒を進めた。

 第6シードのダビド・フェレール(スペイン)はアンドレアス・セッピ(イタリア)に3-6 4-6で敗れた。

 錦織は2回戦で、ブライアン・ベイカー(アメリカ)とフロリアン・マイヤー(ドイツ)の勝者と対戦する。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: HALLE, GERMANY - JUNE 13: Kei Nishikori of Japan plays a backhand in his match against Lucas Pouille of France during day one of the Gerry Weber Open at Gerry Weber Stadium on June 13, 2016 in Halle, Germany. (Photo by Thomas Starke/Bongarts/Getty Images)

最終更新:6月15日(水)20時22分

THE TENNIS DAILY