ここから本文です

スピードワゴン小沢、愛車に初めて乗った優香「彼女は性格いいから」

MusicVoice 6/14(火) 21:30配信

 お笑いコンビ、スピードワゴンの小沢一敬が14日、秋葉原UDXで米映画『WE ARE YOUR FRIENDS』の公開記念イベントにゲストとして出席した。イベントでは「俺の映画だなって思える」とコメント。その後の囲み取材では「あの夜の感じ知ってる。俺らの若い頃はパンクの時代だった」と青春時代を振り返った。また、13日結婚を発表した女優の優香について、小沢の所有するオープンカーに乗せた逸話を明かし「最高の夫婦になると思いますよ」と祝福した。

 この映画はEDMシーンでスターを目指すDJが主人公の青春映画。劇中ではトップDJが全面協力したという、こだわりの音楽にも注目が集まっている。映画の撮影の為だけに実際にEDMフェスもおこなわれたという。また、日本版のタイアップソングには世界で活躍する日本人DJのKSUKEが新曲を提供している。

 イベントに登場した小沢はまず「今日はスピードワゴンの小沢ではなく、“We Are Ozawa Friends”の一員として、このパーリ―ピーポーの皆さんと盛り上げていきたいと思います」と挨拶。その言葉通り、彼の後ろには1000人の応募の中から選ばれたという、20名ほどの若いパリピたちの姿が見られた。パリピに囲まれた心境を問われると、小沢は「僕がなりたかった大人になれた気がします」とコメント。

 映画に関しては「あ、これ俺の映画だって思える様な映画。もちろん俺の映画じゃないんだけど(笑)、みんなどこかで『あれ、これ私の事言ってる?』って観終わった後に泣けるし、熱くなるし、どの世代が観てもドキドキする青春映画だと思います」と感想を述べた。

 また映画の主人公がルームシェアをしているということを受けて、「(チュートリアルの)徳井君と僕ともう一人放送作家の三人がNSCの同期。その三人で今一軒家に住んでるんですけど、そういうのも踏まえて『俺たちの映画だ』と思いましたよ」と実生活とリンクした設定に共感を覚えた事を明かした。

 音楽については「音楽も凄いんですよ。ミュージックビデオみたいなところもあるし、見てるだけでノれる」とコメント。続けて「終わった後、間違いなく心臓の鼓動がエイトビート」と笑いも誘った。最後は「本当に楽しく感動する青春映画。きっとあなたたちの映画だと思います。よろしくお願いします」とイベントを締めくくった。

 その後の囲み取材で小沢は「(パリピは)苦手。まず大きな声を出すのが苦手だもん」と芸人らしからぬ本音を吐露。

 また、13日に俳優の青木崇高と結婚を公表した、同事務所の先輩で女優の優香について話題が及ぶと「真っ赤なオープンカーを持ってるんですけど、あの車の助手席に初めて乗ったのは優香さん。ホリプロの事務所から駅までの500メートルを乗ってもらいました。彼女は性格いいから最高の夫婦になると思いますよ」と知られざるエピソードを告白し、2人を祝福した。

 音楽についての質問には「凄い聴きます。CD3000枚以上あるし、iPodは2万2000曲くらい入れている。バンドで言うと、70年代の英バンドCLASHが1番好き。パンクが1番ですね。俺でもできるんじゃないかと思うところがいい」と答えた。

 さらに小沢は、劇中にも使われているEDMについて「子どもの頃からライブハウスに凄い行ってて、ライブハウスの夜はこんな感じだったなって。今の時代はクラブミュージックかけて、わーっとやるけど。俺らの若い頃はパンクの時代。ライブハウスでパンクバンドの狂騒みたいな、ぐしゃぐしゃな感じを思い出しましたね。クラブミュージック的なもので育ってないけど、あの夜の感じは知ってるなって思いました」と青春時代を回顧した。(取材・小池直也)

最終更新:6/14(火) 23:09

MusicVoice