ここから本文です

豪華列車「ななつ星in九州」、日本サービス大賞の最優秀賞を受賞

乗りものニュース 6/14(火) 14:36配信

応募された853件の頂点に

 JR九州は2016年6月13日(月)、豪華クルーズトレイン「ななつ星in九州」が、第1回「日本サービス大賞」の最優秀賞にあたる内閣総理大臣賞を受賞したと発表しました。

 サービス産業生産性協議会が実施する「日本サービス大賞」は、優れたサービスを表彰する日本で初めての制度です。第1回の今回は、国内事業者から応募された853件のうち31件が、内閣総理大臣賞をはじめ地方創生大臣賞、優秀賞(SPRING賞)などを受賞しました。

「ななつ星in九州」についてサービス産業生産性協議会は、「豪華列車というハード面だけに留まらず、鉄道を輸送事業から感動を呼ぶサービス事業へ大きく転換させた革新的なサービス。今や九州を代表するシンボリックな列車となり、地域の誇りとして愛されている」と説明。さらに「クルーのサービスと沿線住民の歓迎が一体となって、今までに経験したことのない感動のサービスをつくりとどけている」としています。

 これまで「ななつ星in九州」は、「日経優秀製品サービス賞」の最優秀賞にあたる日本経済新聞社賞(2013年)や、「日本鉄道賞」の第12回特別賞(2013年)などを受賞。鉄道分野の国際的なデザインコンペである「ブルネル賞」では、第12回の車両部門で優秀賞(2014年)に選ばれました。

 JR九州は「今後も『ななつ星in九州』を通じて九州の魅力を世界に発信するため、更なるサービスの研鑽(けんさん)につとめ、日本のサービス産業の発展に寄与して参る所存です」としています。

 なお、第1回「日本サービス大賞」ではほかに、農林水産大臣賞に移動スーパー「とくし丸」(徳島市)が、国土交通大臣賞にヤマト運輸の「国際クール宅急便」が、地方創生大臣賞に「行動展示」が特徴の「旭川市旭山動物園」(北海道)などが選ばれています。

乗りものニュース編集部

最終更新:6/14(火) 14:36

乗りものニュース