ここから本文です

AEGON2日目 マレー、ワウリンカら 注目カード満載<男子テニス>

tennis365.net 6月14日(火)17時51分配信

AEGON選手権

男子テニスツアーのAEGON選手権(イギリス/ロンドン、グラス、ATP500)は大会2日目の14日、第1シードで昨年覇者のA・マレー(英国)や第2シードのS・ワウリンカ(スイス)らや、第3シードのM・ラオニチ(カナダ)と世界ランク19位のN・キリオス(オーストラリア)の注目カードを含むシングルス1回戦が行われる。

AEGON選手権 対戦表

第1シードのマレーは世界ランク51位のN・マウー(フランス)と対戦。マレーはマウーに対し4勝1敗と勝ち越しているが、2012年のAEGON選手権ではマウ―が勝利している。

また、マウ―は前週のリコー・オープン(オランダ/スヘルトヘンボシュ、芝、ATP250)で2連覇を達成するなど芝のコートを得意にしており、マレーにとってタフな初戦となった。

第3シードのラオニチは若手注目株のキリオスと顔を合わせる。過去の対戦成績はラオニチから2勝3敗となっており、昨年のウィンブルドンから3連敗している。

第2シードのワウリンカは世界ランク53位のF・ベルダスコ(スペイン)と対戦する。過去の対戦成績は2勝2敗のタイ。

その他には昨年準優勝のK・アンダーソン(南アフリカ)、今シーズン怪我から復帰を遂げたJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)らが登場する。

tennis365.net

最終更新:6月14日(火)17時51分

tennis365.net