ここから本文です

昭和電線ホールディングス、6成長分野で30億円増

日刊産業新聞 6/14(火) 14:42配信

 昭和電線ホールディングスは、成長分野の強化を一段と推進していく方針だ。同社では、「自動車」「鉄道」「道路」「防災・減災」「医療」の各分野をターゲットに定め、売上高ベースで2016―18年度の3カ年累計で、15年度実績に比べ携帯端末を含めた6分野トータル30億円強の増収を計画。営業利益率では現在、15年度実績が0・6%にとどまっていたが、16年度には1・5%まで改善させ、3年後の18年度には2・0%へと向上させる。同社では構造改革施策と合わせ、利益体質への転換を目指していく方針だ。

最終更新:6/14(火) 14:42

日刊産業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。