ここから本文です

平日ナイトゲーム悪天候でも1万人超え 首位を走る札幌がホームで勝ち点3獲得

theWORLD(ザ・ワールド) 6月14日(火)7時50分配信

都倉が早くもシーズン10点目を記録

J2リーグ第18節が13日に開催され、コンサドーレ札幌とV・ファーレン長崎が対戦した。

前節を終えて首位に立っていた札幌だが、同試合前日に開催されたJ2リーグでファジアーノ岡山が勝利したため、暫定2位でホームスタジアムに長崎を迎えた。試合は開始早々、アウェイの長崎が先制に成功する。19分、長崎は左サイドを崩すと、ボックス内に上がったクロスボールにFW永井龍が反応。強烈なヘディングシュートが突き刺さり、永井は3試合連続得点を記録する。

しかし札幌も27分、ショートカウンターから最終ラインを抜け出したFW都倉賢がシーズン10点目を決めて、同点に追いつく。すると札幌は33分にもカウンターからMFヘイスがネットを揺らして逆転に成功。開始から19分でビハインドを負った札幌だが、前半のうちに試合をひっくり返す。

後半も札幌は、都倉の打点の高いヘディングシュートやMFジュリーニョが力強いドリブル突破からシュートを放つなど、多くのチャンスを作り出す。最後まで追加点を奪うことはできなかったが、守備陣も最後まで安定したパフォーマンスを披露し、平日のナイトゲームにも関わらず1万人を超える観客が集まったホームで勝ち点3を獲得。1試合未消化ながら、再び首位に立った。

[メンバー]
コンサドーレ札幌:ク・ソンユン、櫛引一紀、増川隆洋、福森晃斗、マセード(→進藤亮佑 87)、宮澤裕樹、深井一希、堀米悠斗、ヘイス(→石井謙伍 75)、都倉賢、内村圭宏(→ジュリーニョ 78)

V・ファーレン長崎:大久保択生、李栄直、田上大地、趙民宇、中村慶太(→岸田翔平 63)、前田悠佑(→養父雄仁 84)田中裕人、梶川諒太、パク・ヒョンジン(→村上佑介 75)、佐藤洸一、永井龍

[スコア]
コンサドーレ札幌 2-1 V・ファーレン長崎

[得点者]
コンサドーレ札幌:都倉賢(27)、ヘイス(33)
V・ファーレン長崎:永井龍(19)

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月14日(火)7時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。