ここから本文です

宝山鋼鉄、7月鋼板販売価格引下げ

日刊産業新聞 6月14日(火)14時45分配信

 中国の宝山鋼鉄は13日、7月積みの鋼板類の販売価格を引き下げると発表した。下げ幅は熱延コイルでトン200元(約3300円)。鋼材市況が5月以降下落したため。2月以降、5カ月連続で上げていた。

最終更新:6月14日(火)14時45分

日刊産業新聞

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。