ここから本文です

【ブラジル】鶏肉輸出過去最高を記録=4月

サンパウロ新聞 6月14日(火)3時36分配信

 2016年4月のブラジル産鶏肉(冷蔵・冷凍)の輸出量は前年同月比26%増、4月の過去最高となる37万9000トンに達した。輸出額は同10.5%増の5億3300万ドル。農牧供給省の統計に基づいて伯メディアが5月27日付で伝えた。

 この輸出の好調はメキシコやマレーシアといった新たな市場の開放、そして中国向けの輸出を許可されたと畜場の増加によってもたらされた。同省国際関係局のオヂルソン・シルバ氏は「これらの二つの要因が国際市場における(ブラジル産)鶏肉の大きな競争力につながった」としている。

 ブラジルは世界最大の鶏肉輸出国で、15年には世界市場の41.5%をブラジル産鶏肉が占めた。主な購入国・地域はサウジアラビア、中国、日本、アラブ首長国連邦、香港、そして南アフリカ。現在の出荷ペースがこの先も続けば、ブラジル産鶏肉の世界シェアはさらに拡大することになる。

サンパウロ新聞

最終更新:6月14日(火)3時36分

サンパウロ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。