ここから本文です

ブンデスベストプレイヤーの去就は今週決着へ 希望はあくまでもプレミアリーグか

theWORLD(ザ・ワールド) 6月14日(火)17時40分配信

慰留は不可能?

ドルトムントのMFヘンリク・ムヒタリヤンの去就問題は今週に決着する可能性が高いだろう。

15-16シーズンはドルトムントの中だけでなく、ブンデスリーガ全体でもベストプレイヤーであったという評価を受けているムヒタリヤン。それだけにクラブは残留へ向けて動いているが、慰留は難しいという見方が大半だ。独『Bild』によれば、ドルトムントは同選手に対して、4年の契約延長オファーを送ったが、拒否されたようだ。

代理人のミーノ・ライオラ氏は契約が切れる来季末にフリーで移籍する可能性も示唆しているが、同選手の希望はあくまでも今夏での移籍と同紙は伝えている。プレミアリーグのアーセナル、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドなどが獲得を狙っており、移籍金は3000万ユーロほどになる模様。

ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSDは「今週に決断をするだろう」と話しており、決着が近いことを明かした。クラブとしては残すのが第一の選択肢のはずだが、選手の希望を叶え、移籍金も得るために今夏放出の可能性は高いといえるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月14日(火)17時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]