ここから本文です

楽天則本&ロッテ石川7勝目、広島サヨナラ勝ち、ハム有原今季初完封…14日プロ野球

Full-Count 6/14(火) 23:17配信

阪神完封勝利、オリックス5連敗、ホークス連勝6でストップ

 プロ野球は14日、各地で交流戦6試合が行われた。

 楽天は敵地で巨人を下して3連勝。則本が8回1失点でリーグトップタイの7勝目。松井裕が13セーブ目を挙げた。巨人は阿部が先制の3号ソロを放つも逆転負けで5連敗。先発の田口は6回2失点で5敗目を喫した。

2016年 セ・リーグ&パ・リーグ 順位表

 ヤクルトはソフトバンクに競り勝ち連敗を2で止めた。先発の新垣が初回に2失点するも打線が2回に3点を奪い逆転。その後再び勝ち越されるも8回に雄平、中村のタイムリーで3点を挙げて再逆転に成功した。ソフトバンクは8回に登板したスアレスが3失点で3敗目。チームの連勝は6で止まった。

 日本ハムは先発の有原がDeNA相手に今季初完封。チームを2連勝に導いた。DeNAはモスコーソが6者連続を含む10三振を奪うも序盤の失点が響き、5回3失点で5敗目。打線も5安打に封じられ、援護できなかった。これで連勝も3で止まった。

 ロッテは初回に角中のタイムリー、ナバーロの2ランで3点を先制。援護を受けた石川が7回2失点の好投でリーグトップタイの7勝目を挙げた。これでチームは3連勝。中日はバルデスが2回以降追加点を許さず、8回3失点と粘投を見せたが、打線が2点止まり。9回には山井が清田にダメ押しの6号ソロを被弾した。

 阪神はオリックスに完封勝利。能見が5回3安打無失点で4勝目を挙げた。オリックスは西が5回1失点も貧打に泣き、8敗目を喫した。オリックスはこれで30イニング連続無得点で5連敗となった。

 広島は1点リードの最終回に守護神・中崎が西武・森に2号ソロを浴びて同点に追いつかれるもその裏に赤松の適時打でサヨナラ勝ち。一度は菊池が本塁アウトの判定だったが、緒方監督が抗議。ビデオ判定でセーフに覆り、劇的勝利を収めた。これで連敗は2でストップ。西武はメヒアがリーグトップの22号ソロを放っている。

【交流戦】
◇巨人 1-4 楽天(東京ドーム)
勝 則本(7勝3敗)
敗 田口(3勝5敗)
S 松井裕(13セーブ)
HR【巨】阿部3号

◇ヤクルト 6-4 ソフトバンク(神宮)
勝 村中(3勝1敗)
敗 スアレス(1勝3敗)
S オンドルセク(10セーブ)
HR【ソ】吉村4号

◇DeNA 0-4 日本ハム(新潟)
勝 有原(6勝3敗)
敗 モスコーソ(4勝5敗)

◇中日 2-4 ロッテ(岐阜)
勝 石川(7勝2敗)
敗 バルデス(2勝2敗)
S 西野(15セーブ)
HR【ロ】ナバーロ5号、清田6号、【中】平田9号

◇阪神 2-0 オリックス(甲子園)
勝 能見(4勝5敗)
敗 西(2勝8敗)
S ドリス(2セーブ)

◇広島 3×-2 西武(マツダスタジアム)
勝 中崎(1勝3敗)
敗 増田(3勝3敗)
HR【西】メヒア22号、森2号、【広】エルドレッド16号

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/14(火) 23:25

Full-Count

なぜ今? 首相主導の働き方改革