ここから本文です

アーセナル移籍決定のMFがたった2分でサポーターのハート掴む!? あるプレイに絶賛の声

theWORLD(ザ・ワールド) 6月14日(火)18時10分配信

アーセナルの求めるものを2分で見せた

今夏ボルシアMGからアーセナルへ移籍することが決まったMFグラニト・シャカは、現在スイス代表の一員としてEURO2016に出場している。アーセナルサポーターも新に加わったシャカがどんなプレイをする選手なのか気になったはずだが、どうやらシャカは早くも一部のサポーターから合格サインをもらったようだ。

シャカは11日に行われたアルバニア代表戦に先発フル出場を果たし、チームの勝利に貢献している。シャカといえば高精度のキックに定評のある選手だが、アーセナルサポーターが気に入ったのはそこではない。

英『METRO』によると、アーセナルサポーターが気に入ったのはシャカの激しい守備だ。シャカは前半2分にルーズボールを競り合った際に相手選手に激しいタックルを仕掛けており、どうやら一部のサポーターはこのプレイを見ただけでシャカが良い選手と判断したようだ。SNS上では「シャカの素晴らしいタックルだ。これこそアーセナルが必要としていたものなんだ」といった意見が出ており、中盤で激しくプレイできることを示したシャカは早くもサポーターの心を掴んでいる。

アーセナルは中盤にテクニックある選手を多く揃えているが、守備が脆いとの指摘もあった。シャカはたった2分間でサポーターが求めるプレイを見せることとなり、新シーズンはフランシス・コクランやモハメド・エルネニーらとともに中盤の守備を引き締める役割も期待されそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月14日(火)18時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。