ここから本文です

激震!! UEFA組み合わせ抽選のイカサマ手口をFIFA元会長が暴露

theWORLD(ザ・ワールド) 6月14日(火)19時20分配信

スポーツマンシップを求める多くの人間にとって、その発言は大きな物議を醸すことになるだろう。前FIFA会長のジョゼップ・ブラッター氏が、UEFAの抽選会に“イカサマ”があったと指摘している。

欧州チャンピオンズリーグやヨーロッパ選手権、そしてヨーロッパリーグなど様々なコンペティションで恒例となっているUEFA抽選会は、ポットに入れられた複数のボールの中から無作為に選び出すという形式で進められていく。これまでにも多くのメディアによって懐疑の目を向けられてきた同抽選会だが、ブラッター氏はそのからくりを明かしている。アルゼンチン『La Nacion』が同氏のコメントを伝えた。

「ヨーロッパではたった1人の人間に権力が集中していた。アルテミオ・フランキ(元UEFA会長)だ。彼はかつてクラブのトーナメントでそのような行為を行っていたね。イカサマが可能かって? もちろん技術的に可能だ。ポットのボールを冷やしたり、温めたりすることでシグナルを送るのさ。FIFAではやっていないよ。でもヨーロッパの大会でそのような抽選が行われているのを私は目撃した。FIFAでは一度もない」

「どんな風にやるかって? 抽選会の前に何個かのボールを冷蔵庫に入れて冷やしておくんだ。そうすれば少し触れるだけでボールが冷たいかどうかが分かる」

仮に同氏の発言が真実であるなら、サッカー界には多くの“作られたシナリオ”が存在することになるが。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月15日(水)4時1分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合