ここから本文です

ウェストハムが目覚めさせたフランス代表のニュースターにチェルシーが接近もクラブは「プライスレスだ」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月14日(火)19時30分配信

スーパーゴールにビッグクラブもメロメロ?

いつの時代も国際大会が行われれば、新たなヒーローが生まれてくるものだ。そしてEURO2016ではそんなスターが開幕戦に生まれた。

フランス代表MFディミトリ・パイェだ。ルーマニアとの開幕戦で先発出場したパイェは先制点をアシストしただけでなく、終了間際に勝ち越し点も叩き込み、フランス代表に現れた救世主としてもてはやされている。彼を代表まで押し上げたのは所属先であるウェストハムによるところが大きい。昨夏マルセイユから1070万ポンドでやってくると前半戦から活躍を続け、今年2月には他のクラブへの移籍を阻止するため、クラブは契約を延長したほどだ。

それでも開幕戦を見てしまったライバルは同選手の獲得を諦めきれないだろう。そんなクラブの一つがチェルシーで、ウェストハムに問い合わせたようだ。しかし「彼はプライスレスだ」と拒否されたことを英『Mirror』が伝えている。

29歳の同選手にとって今大会後が残り少ないビッグクラブへステップアップするチャンスのときだが、どのような選択をすることになるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月14日(火)19時30分

theWORLD(ザ・ワールド)