ここから本文です

原因はザザの腕!? 流血のコンテ「勝利のためなら、自分が犠牲になってもかまわない」

theWORLD(ザ・ワールド) 6/14(火) 19:40配信

痛みより喜びの方が上

13日、イタリア代表はEURO初戦で欧州屈指のタレント軍団であるベルギー代表と対戦し、2-0で勝利を収めた。そして、この試合でイタリア代表の指揮官アントニオ・コンテが流血するシーンが見られ、世界中から注目を集めた。

そんな中、伊紙『Gazzetta dello Sport』が問題のシーンについて触れた。同紙によると、エマヌエレ・ジャッケリーニが先制点を決め、喜びを分かち合うために選手たちが指揮官やサブメンバーのもとに駆け寄る。その際に、シモーネ・ザザの腕がコンテの顔面を直撃し、鼻血を出してしまったようだ。コンテはその後、ティッシュを片手にチームを指揮していた。

コンテは試合後のインタビューで、この時のことを「イタリア代表が勝利するためなら、自分が犠牲になってもかまわないよ」と述べ、痛みよりも喜びの方が大きかったことを明かした。

ジネディーヌ・ジダンのズボンの破れやフース・ヒディンクのズッコケなど、最近はピッチの外にいる指揮官の動向にも注目が集まっている。はたして、残りの試合で再び指揮官が注目を浴びる試合はあるのだろうか。これもサッカーにおけるエンターテインメントのひとつかも知れない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6/14(火) 19:40

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報