ここから本文です

かつてリヴァプールのUCL制覇に貢献したリーセが現役引退へ「トップレベルで戦えなくなってしまった」

theWORLD(ザ・ワールド) 6/14(火) 20:00配信

一大決心

13日、ノルウェーのオーレスンに所属するヨン・アルネ・リーセが現役を引退することを発表した。

この日、自身の公式ブログで引退を公表したリーセは次のように綴っている。

「僕はこのブログをどのように書き始めればいいかわからないけど、人生で最も重要な決断をしようとしている。僕は今の仕事を辞めることを決意したんだ。そして来季ではなく、今日オーレスンとの契約を解除してきたよ」

「トップアスリートは常に最高のパフォーマンスを行うために、私生活やトレーニングなど、多くのことに配慮しなければならない。僕のこれまでのキャリアではこれが出来ていた。そして、僕は40歳になるまでノルウェーのトップレベルでサッカーをプレイするつもりでいたんだ。でもそれは不可能だった。ここで歩みを止めることとなってしまったよ」

リーセはモナコやリヴァプール、ローマなどでプレイし、2005年にはリヴァプールのチャンピオンズリーグ制覇に貢献。そして今年3月に古巣のオーレスンに復帰していた。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6/14(火) 20:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合