ここから本文です

ペップ・シティはたった22歳のフランス人に83億円を支払える? 強奪寸前の契約延長で獲得に黄色信号か

theWORLD(ザ・ワールド) 6/14(火) 21:10配信

新たな契約締結で残留に傾く?

スペインリーガエスパニョーラの古豪アスレティック・ビルバオが13日、U-21フランス代表DFアイメリック・ラポルテと2020年6月までの新契約を締結することで合意に至ったことを発表した。

2010年にビルバオの下部組織へ加わったラポルテは、2012年の11月にトップチームデビューを飾る。後方からゲームを組み立てる才能に恵まれ、スペイン国内でも高い評価を受ける同選手には、マンチェスター・シティの次期監督ペップ・グアルディオラからも熱視線が注がれていた。スペイン紙『MARCA』はペップ・シティが5000万ユーロともされるラポルテの契約解除金を支払い獲得にこぎつけるだろうと見込んでいたが、新契約締結により大きく事情は変わっている。ビルバオの発表によると今回の契約更改で、2018年までの契約解除金が6500万ユーロに、そしてそれ以降の2020年6月までは7000万ユーロ(約83億円に相当)という破格の金額に変更されたとのこと。シティにとっては、フランスの至宝を獲得するための費用が大幅にアップしてしまった格好となる。

果たしてビルバオは将来有望な22歳のDFと共に、来季を戦うことができるだろうか。今夏の動向を注視したい。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6/14(火) 21:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。