ここから本文です

プレミアでの2年目に挑むボーンマス、オーストラリア代表GKと新たに3年契約を締結

theWORLD(ザ・ワールド) 6/14(火) 23:00配信

昨夏に加入したGKと早くも新契約

イングランドプレミアリーグのボーンマスが13日、オーストラリア代表GKアダム・フェデリチと新たに3年契約を締結することで合意に達したことを発表した。これにより同GKは2019年6月30日までボーンマスでプレイを続けることになった。

フェデリチは昨夏、クラブ創設以来初となるプレミアリーグ昇格を果たしたボーンマスに、レディングより加入し、3年契約を結んでいた。しかし2015-16シーズンは元ポーランド代表GKアルトゥール・ボルツの存在により、国内リーグでの出場が4試合に留まるなど、決して満足のいくシーズンではなかった。どうやらクラブのCEOを務めるニール・ブレイク氏は、この31歳GKのプロフェッショナルな姿勢を評価しているようだ。同クラブ公式サイトがCEOのコメントを伝えている。

「アダムはプレミアリーグと国際舞台での経験値がとても豊富なGKだよ。1部リーグでの2シーズン目にトライするボーンマスにとっては、彼のような素晴らしい選手をチームに留めておけるのは喜ばしいことだね。彼はプロとしての然るべき態度を示してくれるからだよ」

ボーンマスから必要とされるベテランGKフェデリチ。来季、ボルツからポジションを奪うことはできるだろうか。31歳オーストラリア人の奮闘に期待したいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6/14(火) 23:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報