ここから本文です

ハミルトン、ロズベルグとの接触で正当性を主張「僕はレコードラインにいた」

オートスポーツweb 6月14日(火)11時0分配信

 ルイス・ハミルトンは、F1カナダGPのスタート直後に発生したニコ・ロズベルグとの競り合いについて、自らの動きの正当性をアピールした。 

メルセデスのライバル、フェラーリにも問題発生か

 スペインGPの同士討ちから、わずか4週間後。今回も2台はスタート直後にバトルを展開した。ポールシッターのハミルトンはスタートで出遅れ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルに先行されたあと、1コーナーでアウトから並びかけたロズベルグとホイールが接触。ハミルトンは順位を維持したが、ロズベルグはエスケープゾーンに押し出されて10番手まで後退。ロズベルグはレース後に「ムカついた」と口にした。

 結局ハミルトンはレースで勝利し、ロズベルグは5位フィニッシュ。2レース前までは43ポイントあった両者の差は、カナダGP終了時点で9ポイント差に縮まった。

 ロズベルグとチームのボス、トト・ウォルフは、そろってハミルトンの走りを「激しい動き」と表現したが、ハミルトンは自分の正当性を主張している。

「1コーナーでサイドバイサイドで進入すれば何か起きるかわからないよ。ニコはアウトサイドで僕はインサイドだった。レコードラインにいたんだ」

「リプレイを見たけど、ベッテルは僕に接近していたし、ブレーキを遅らせたくてもできなかった。彼に近づいたことでダウンフォースを失ったかどうかはわからないけど、アンダーステアが発生して、ニコとわずかに接触しただけだ」

「彼(ニコ)には回避する方法があった。アウトサイドにいれば、それに対応できるときもあれば、できないときもある。今回は、そうならなかった」

 ロズベルグ自身は、スペインGPのスタートでハミルトンを抜いたように、今回も同じような状況を想定していた。

「アウトサイドから、しかけなければいけなかったし、それが無理ならルイスの後ろに留まっていたよ。バルセロナではうまくいったけど、今回そうはならなかったね」

「激しい動きだったけど、これはレースだ。結局順位を落として、最後まで表彰台を目指して戦ったけど、パンクチャーが起きてしまったんだ。次はうまくやるよ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月14日(火)11時13分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。