ここから本文です

ロズベルグ、カナダGPレース終盤は「燃料切れ」でリタイアの危機だった

オートスポーツweb 6月14日(火)14時32分配信

 依然ドライバーズランキングでトップにいるニコ・ロズベルグが、F1カナダGPでは「ガス欠」寸前で、より悪い結果になる可能性もあったことを明かした。 

今季2度目の同士討ち、ハミルトンは「レコードラインにいたのは自分」と主張

 メルセデスのチームメイトであり、タイトル争いでのライバルでもあるルイス・ハミルトンが勝利を手にしたレースを、ロズベルグは5位で終えた。しかもロズベルグは、いつリタイアしてもおかしくない状況にあったと語る。

「レース中ずっとバトルやオーバーテイクをしていたせいで、燃料が本当にわずかになっていた。どのくらい少なくなっているか、わからなかったんだ。数字が赤くなっていることは知っていたけれど、最後までもつかどうかは不明だった。最後の周ではなんとかフィニッシュラインを通過するため、燃料節約のためリフト&コーストで走っていた」

 1周目の1コーナーで発生したハミルトンとの接触によりエスケープゾーンに押し出され、ロズベルグは10番手まで転落。その後は4番手まで順位を回復し、一時は表彰台も見えていたものの、51周目に右リヤタイヤにスローパンクチャーが発生し、ピットストップを終えてコースに復帰したときは7番手まで順位を落としていた。



 レース終盤、ロズベルグはいくつもの警告灯が点灯するマシンでレッドブルのマックス・フェルスタッペンと4位争いを演じていた。ラスト2周の最終シケインでオーバーテイクをしかけた際にランオフエリアへと出てしまったものの、大きなダメージを負うことなく最終ラップで燃料を節約し、くやしいレースを最後まで走りぬいた。

「(燃料は)マックスと戦ううえで大きな問題となっていた。数度しか仕掛けることができなかったし、そのたびに彼は上手にディフェンスした。燃料を節約するためには退くしかなかったんだ。マネージメントは大変だったけれど、レース全体が様々な要素で複雑になっていた。ブレーキの警告灯もついていたし、表彰台を失う原因となったパンクもあった。すべてを管理するのは、とても大変だったうえに、フェルスタッペンとのバトルもあって限界ギリギリだった。でも、それがレースなんだ」

「彼を抜くことはできなかったが、精一杯の努力はした。最後にはスピンまでした。とはいえ(コースに)復帰できた。でも、燃料が限界だったんだ。僕らのマシンは素晴らしいもので、優勝できるくらいの力があったから、最終的な結果が5位ということには、もちろん落胆している」

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月14日(火)14時32分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]