ここから本文です

TOYOTA GAZOO Racing、ル・マン24時間応援番組をLINE LIVEで配信

オートスポーツweb 6月14日(火)14時37分配信

 いよいよ今年も6月15日にフリープラクティスで開幕するル・マン24時間耐久レース。2台のトヨタTS050ハイブリッドで挑むTOYOTA GAZOO Racingは、ル・マン24時間決勝開催日の18日(土)~19日(日)に、ル・マン24時間応援番組『トヨタよ、敗者のままでいいのか。』を無料視聴アプリ『LINE LIVE』で配信する。

 5号車をアンソニー・デイビッドソン/セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴が、6号車をステファン・サラザン/マイク・コンウェイ/小林可夢偉がドライブし、今季は新車トヨタTS050ハイブリッドでル・マンに挑むTOYOTA GAZOO Racing。トヨタにとっては18回目のル・マン挑戦となるが、4回の2位が最上位で、いまだに優勝を成し遂げていない。今季は『トヨタよ、敗者のままでいいのか。』という刺激的なキャッチコピーをつけ、ル・マン参戦をアピールしていた。

 そんなキャッチコピーを使ったル・マン24時間応援番組『トヨタよ、敗者のままでいいのか。』が、無料アプリ『LINE LIVE』で視聴できることになった。トヨタ自動車の公式LINEアカウント『TOYOTOWN』、LINE APP内およびLINE LIVE APP内のTOYOTOWN公式アカウントを通じて配信されるもので、TOYOTA GAZOO Racingのル・マンに向けた意気込み、トヨタTS050ハイブリッド/ドライバーの紹介、WECに参戦する意義などを紹介していくという。また、一貴や可夢偉のサイン入りグッズがプレゼントされるコーナーも。

 メインMCを務めるのは、J-WAVEでおなじみのDJ TAROさん。実況はサッシャさん、實方一世さん他が務める。解説は日本人として初めてル・マンを制した男、関谷正徳トムス監督が務める。

 放送時間、放送内容、視聴方法はホームページ(http://toyotagazooracing.com/jp/wec/special/2016/24h-lemans.html)まで。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月14日(火)14時37分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。