ここから本文です

『24』新シリーズに“ジャック・バウアー”登場か プロデューサーが言及

クランクイン! 6月14日(火)12時5分配信

 世界的にヒットしたキーファー・サザーランド主演海外ドラマ『24‐TWENTY FOUR‐』の新シリーズ『24:Legacy(原題)』に、キーファー演じるジャック・バウアーが登場する余地があるという。製作総指揮を務めるハワード・ゴードンがコメントしたとDeadlineが伝えた。

【関連】『24‐TWENTY FOUR‐ リブ・アナザー・デイ』フォトギャラリー


 テキサス州オースティンで開催されたテレビの祭典「ATXテレビフェスティバル」で登壇したゴードン。「彼(キーファー)の中にはあのキャラクターが息吹いていると思う。映画や新シリーズでの登場という形でね。彼がシリーズのどこかで登場するのを是非観たい。キーファーも出演はないと決めていないはずだ」と語ったという。

 新シリーズにキーファーは製作総指揮で参加するものの、現在、出演する契約はない。ゴードンとクリエイティブ・チームはキーファーが出演することになったら、12話構成となる新シリーズの後半にバウアーが登場する連続物のエピソードを投入する意向があるという。
 
 ゴードンはジャック・バウアーを中心にする新シリーズを構想しなかった理由として、「あのキャラクターはシリーズの中心人物として続行するには、あまりにも多くを失った」とコメント。しかし2014年に制作した『24‐TWENTY FOUR‐ リブ・アナザー・デイ』で、バウアーの最期を描くことは到底できなかったと述べ、そこで終わったという自覚もないという。

最終更新:6月14日(火)12時5分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。