ここから本文です

ノーマン・リーダス主演、小島秀夫監督のPS4新作ゲームがE3電撃発表

クランクイン! 6月14日(火)13時30分配信

 人気ゲーム『メタルギア・ソリッド』シリーズで知られるゲームデザイナーの小島秀夫監督が、現在ロサンゼルスで開催中の“PlayStation E3 Experience 2016”プレスカンファレンスでPS4ゲーム『Death Stranding(デス・ストランディング)』の開発を発表した。ティザートレーラーをお披露目したほか、大人気ドラマ『ウォーキング・デッド』シリーズに出演している俳優ノーマン・リーダスが主演を務めることもわかった。

【関連】「ノーマン・リーダス」フォトギャラリー


 『Death Stranding(デス・ストランディング)』は小島自身が企画、脚本、監督、ゲームデザインを手がける。実は小島とノーマンは、かつてホラーゲーム『サイレント・ヒルズ』でタッグを組んでいたものの、開発が中止になってしまったという過去がある。ノーマンはこれについて「本当に残念」「実現されるべきだ」と発言していただけに、本作での再タッグは正に念願と言えるだろう。

 ティザートレーラーでは、手錠で赤ちゃんと繋げられているノーマン扮する主人公が、ただならぬ雰囲気で波打ち際に佇む様子が映し出されているほか、打ち上げられた大量の海洋生物の姿も確認できる。詳細な世界観は明らかではないが、小島のTwitterにアップされている画像から察するに、SF作品に近い内容になりそうだ。

  『Death Stranding(デス・ストランディング)』の対応機種は、プレイステーション 4。発売日や価格は今のところ未定となっている。

最終更新:6月14日(火)13時30分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。