ここから本文です

人文字の校章パチリ 城端小、統合50周年で上空撮影

北日本新聞 6月14日(火)22時38分配信

 南砺市城端小学校(影近義明校長)の児童、教員ら400人余りが14日、同小学校グラウンドで、校章の形に整列した様子が上空から撮影された。統合50周年記念行事の一つで、後世への記録として残す。

 同校PTA(今井宏会長)と50周年記念事業実行委員会(尾田慎一郎委員長)が企画した。児童らは校章の形に整列し、緑、ピンク色の画用紙を頭上に掲げた。

 上空から、小型プロペラ機と小型無人機「ドローン」で写真と動画を撮影した。周辺の町並みとともに、記録として残すほか、記念誌などでの活用を検討している。

 城端小は、1966年に統合小学校として発足してから、今年で50年となる。

北日本新聞社

最終更新:6月14日(火)22時38分

北日本新聞