ここから本文です

主力選手の平均年齢から見る、各球団の“世代交代” ~パ・リーグ編~

ベースボールキング 6月14日(火)16時1分配信

各球団の“世代交代”を斬る!

 セ・リーグ6球団はDeNAや中日の若返りが顕著な一方、連覇を狙うヤクルトは後れを取るなど、世代交代と現在のリーグ順位に密接な関連があることがわかった。

 パ・リーグ6球団も同様に、打者は打席数、先発投手はイニング数、救援投手はセーブ数やホールドポイントなどを基に18人(野手9人、投手9人)を主力級選手とし、その平均年齢から各球団が中長期的にどういうステージにいるのかを調査。外国人選手は除き、年齢は今年なる満年齢とした。

 さらに2015年シーズンの主力級18人の年齢と比較し、各球団の主力級がどれだけ若返っているのか、もしくは老け込んでいるのかも調べている。パ・リーグの2015年と2016年(6月13日現在)の主力級18人の平均年齢と増減幅は以下の通り。


【主力級選手の平均年齢・2016年】(※若い順、カッコ内は2015年の平均年齢と順位)
1位 26.5歳 日本ハム(25.8歳/1位) =0.67歳の高齢化
2位 27.1歳 ロッテ(28.0歳/2位) =0.9歳の若返り
3位 28.9歳 西武(28.3歳/5位) =0.6歳の高齢化
3位 28.9歳 オリックス(28.17歳/3位) =0.72歳の高齢化
5位 29.3歳 ソフトバンク(29.3歳/6位) =変化なし
6位 29.4歳 楽天(28.2歳/4位) =1.2歳の高齢化


 現在リーグ戦2位と3位につける日本ハムとロッテが、パ・リーグでは飛び抜けて若い。

 日本ハムは野手、投手ともに2年連続で最も若く、世代交代というよりは若手が切磋琢磨している印象だ。今のパ・リーグはソフトバンクが絶対王者として君臨するが、平均年齢を見る限り、数年後は日本ハムが逆転を窺える位置にいる可能性も十分ある。

捕手の世代交代で悩む王者

 日本ハムに続く若さを誇るロッテも、今季はさらなる若返りに成功。特に野手は昨季の29.0歳から27.1歳に大きく若返った。今後は助っ人に頼らない大砲育成にも期待が高まる。

 ソフトバンクでは、野手の高齢化が若干気になる。特に捕手は主力級2人(鶴岡、高谷)がともに今年で35歳。黄金時代の継続には後継者育成が急務だ。一方の投手陣は東浜が台頭し、千賀が先発として完全復活を果たすなど、順調な世代交代が進んでいる。

 西武は開幕から不振に陥った森の二軍調整が続いた。その分の打席が鬼崎、坂田、上本といった30代の選手に回っていたため、平均年齢は高めとなっている。

 そんな中、森は交流戦でようやく復活の兆しを見せ始めた。先発投手では高橋光成や菊池ら強力な投手たちを抱えているだけに、ともにチームの将来を担う素材であることに変わりはない。

1/2ページ

最終更新:6月14日(火)16時3分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。