ここから本文です

主力選手の平均年齢から見る、各球団の“世代交代” ~セ・リーグ編~

ベースボールキング 6/14(火) 16:00配信

各球団の“世代交代”を斬る!

 80年以上を誇るプロ野球の歴史の中で、「黄金時代」を築いたチームといえば...?

 多くの人が思い浮かべるのが、ON時代の巨人。または秋山・清原時代の西武か。他を寄せ付けない強さで、毎年のように優勝をかっさらっていく。

 もちろん、それだけの強力なメンバーが揃っていたということも大きい。ただし、それだけでは「黄金期」は築けない。求められるのは常に進化し続けること。“主役”の選手がいれば、それを脅かす存在が台頭し、そこで生まれる競争がチームを強くする。

 常勝球団にはそういったサイクルが確立されており、常にスムーズな世代交代が実行されてきた。

 強いチームを作るうえで、欠かせないキーワードになるのが“世代交代”。では、現在のプロ野球12球団はどれだけそれが実行できているのだろうか…。

多くのチームが若返りに成功!

 今回は、そんな12球団の“世代交代”事情を調査。打者ならば打席数、先発投手はイニング数、救援投手はセーブ数やホールドポイントなどを基に、各球団から18人(野手9人、投手9人)の選手を主力級選手として選。その18人の平均年齢から、各球団が中長期的にどういうステージにいるのかを調べた(※数年で帰国することも多い外国人選手は除き、年齢は満年齢とする)。

 さらに2015年シーズンの主力級18人の年齢と比較し、各球団の主力級がどれだけ若返っているのか、もしくは老け込んでいるのかもまとめてみた。

 まずはセ・リーグ編。2015年と2016年(6月13日現在)の主力級18人の平均年齢と増減幅は以下の通りだ。


【主力級選手の平均年齢・2016年】(※若い順、カッコ内は2015年の平均年齢と順位)
1位 26.3歳 DeNA(27.3歳/1位) =1.0歳の若返り
2位 28.2歳 中日(29.44歳/5位) =1.2歳の若返り
3位 28.3歳 巨人(29.39歳/4位) =1.1歳の若返り
4位 28.7歳 広島(28.4歳/2位) =0.3歳の高齢化
5位 29.7歳 阪神(30.4歳/6位) =0.7歳の若返り
6位 29.8歳 ヤクルト(28.9歳/3位)=0.9歳の高齢化


 こうしてみると、広島とヤクルトを除く4球団が若返りに成功していることがわかる。

 昨季リーグ優勝を果たしたヤクルトは3番目に若いチームだったが、今季にかけて世代交代には至らず。一気に“リーグ最高齢”のチームになってしまった。

 それが現在低迷している直接的な原因とは言わないが、このままでは来季の平均年齢が30歳を超える可能性もあり、今季浮上の兆しがなくなった時には積極的な若手起用が望まれる。

1/2ページ

最終更新:6/14(火) 16:03

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]