ここから本文です

演劇見に外出して、お年寄りの引きこもり防止 「晴れるや」月1回無料で公演

北國新聞社 6月14日(火)2時46分配信

 福増町の劇団「晴れるや」は18日から、白山市徳光町の北陸自動車道徳光パーキングエリア内にある「はくさん街道市場」で、お年寄り向けのボランティア公演を定期開催する。自宅にこもりがちなお年寄りが外出するきっかけづくりにしてもらう狙いで、劇場を毎月1回開放する。

 はくさん街道市場は、1997(平成9)年に開業し、フードコートやお土産店など47店舗で構成され、約150人収容できる劇場もある。高速道路以外のドライバーや地元住民も利用でき、同施設運営会社ダイニチの管理部長谷間祐之さん(59)が、劇団の新たな活動の場として活用してもらうことを提案した。

 公演は毎月第3土曜に行う。手品や時代劇、民謡ショーなど多彩な演目でお年寄りに娯楽を提供する計画だ。施設はパーキングエリアに隣接しているため、観光客の利用も多く、お年寄りだけでなく誰でも公演を楽しめるようにする。

 「晴れるや」は県内各地のイベントや施設で演劇を披露している。ボランティアにも積極的に取り組み、金沢市内の観光名所で清掃活動も行っている。

 会長の新田正人さん(69)は89年から、劇団運営の傍ら、金沢市社会福祉協議会で、老人介護のボランティアを続け「劇団としてもお年寄りの手助けがしたい」との思いから、3年前から金沢と白山市内の銭湯や商業施設でボランティア公演活動を行っている。新田さんは「お年寄りが外出する動機付けになればうれしい」と話す。

北國新聞社

最終更新:6月14日(火)2時46分

北國新聞社