ここから本文です

来年、金沢で全国大会 旅館ホテル生活衛生連、40年ぶり

北國新聞社 6月14日(火)2時41分配信

 全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会の全国大会が来年6月7日、金沢市内で開催されることが決まった。金沢での開催は40年ぶりで、全国から経営者や女将(おかみ)ら約1千人が集まり、増加する外国人旅行客の対応を含めた観光業界のあり方について意見交換する。

 石川県旅館ホテル生活衛生同業組合が主管となり、県立音楽堂を会場に、ホテル日航金沢で懇親会が開かれる。前日には総会も開かれる。今年の全国大会は東京で開かれ、民泊問題などを話し合った。

 金沢での全国大会は、1977(昭和52)年に開催された。石川県組合の多田計介理事長(美湾荘社長)は「宿泊業界内であっても、石川の文化や歴史は十分に知られていない。新幹線開業3年目に当たるが、まだ石川には発展の余地があると思うので、石川の武家文化を広く知ってもらえる機会にしたい」と話した。

北國新聞社

最終更新:6月14日(火)2時41分

北國新聞社