ここから本文です

コパ・アメリカ、18試合で合計50得点到達…ベストゴールを決めたのは?

SOCCER KING 6月14日(火)7時57分配信

 コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016では、開幕から18試合が経過した時点で計50のゴールが生まれた。(現在は現地12日の日程が終了した時点で20試合55得点)

 コロンビアのニュースサイト『エル・コロンビアーノ・プント・コム』では、これまでに生まれた50ゴールのうち、同サイト認定のトップ5を紹介している。

■第5位
リオネル・メッシ(アルゼンチン代表、対パナマ戦)

「パナマ戦でハットトリックを決めたメッシ。そのうち2点目となった直接FKが5位にランクインした。ペナルティーエリアのわずかに外側から、壁の上を越えてゴール右隅に決まったこのゴールに、パナマの守護神ハイメ・ペネドはなすすべがなかった」

■第4位
サロモン・ロンドン(ベネズエラ代表、対ウルグアイ戦)

「ベネズエラのセンターフォワードはロングシュートの跳ね返りに反応し、相手GKフェルナンド・ムスレラの動きをよく見て完璧なシュートを決めた。最初にロングシュートを放ったアレハンドロ・ゲラの判断力も評価に値する」

■第3位
ビクトル・アジャラ(パラグアイ代表、対コロンビア戦)

「パラグアイ代表が今大会で決めた唯一のシュートだったが、ポテンシャルの高さを感じさせるものだった。ミドルレンジから放たれた強烈な一撃は、コロンビアの守護神ダビド・オスピナも反応できないほどの威力だった」

■第2位
ヨアン・ベネガス(コスタリカ代表、対コロンビア戦)

「ペナルティーエリア付近でボールをコントロールしたベネガスは、ゴール右隅を狙ってカーブをかけたキックを放ち、GKロビンソン・サパタの牙城を切り崩した。開始わずか2分に決められたこのゴールは、現時点での今大会最速ゴールである」

■第1位
ジャスマニ・カンポス(ボリビア代表、対チリ戦)

「カンポスが得意の左足で決めた直接FKが栄えある第1位。やや距離はあったが、大きな弧を描いたボールは正確にゴールマウスを捉え、相手GKクラウディオ・ブラボを無力化した」

 以上が上位5つにランキングされた得点シーン。いずれ劣らぬファインゴールばかりだ。決勝までに、これらを上回るスーパーゴールを見ることはできるだろうか。

SOCCER KING

最終更新:6月14日(火)7時57分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]