ここから本文です

ピアニッチに続く補強へ…ユーヴェ、レアルにポグバ売却でコヴァチッチ獲得か

SOCCER KING 6月14日(火)17時0分配信

 ユヴェントスが、フランス代表MFポール・ポグバのレアル・マドリード移籍に備えて代役候補の確保を進めている。スペイン紙『アス』が13日に報じた。

 ユヴェントスは13日、ローマからボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表MFミラレム・ピアニッチを獲得した。移籍金は3200万ユーロ(約38億3000万円)、契約期間は2021年6月30日までの5年間と発表されている。

『アス』によると、ピアニッチの獲得はポグバのレアル・マドリード移籍に備えた補強の第一弾だという。ユヴェントスは同選手に続いて、レアル・マドリードのクロアチア代表MFマテオ・コヴァチッチの獲得を狙っているようだ。ポグバの移籍交渉にコヴァチッチを加えることが有力で、今後の“カギを握る”選手になると伝えられている。

 ポグバについては、マンチェスター・Uが1億ユーロ(約119億5000万円)を準備して獲得を狙っていると報じられている。一方、レアル・マドリードは9000万ユーロ(約107億6000万円)以上は支払いたくないと考えており、同選手の獲得交渉にコヴァチッチ(移籍金は2500万ユーロ/約29億9000万円に設定)を加えることで移籍を成立させたいようだ。

 ポグバ自身は古巣のマンチェスター・Uよりもレアル・マドリードへの移籍を好んでいるとも報じられている。巨額オファーの行方が注目される。

SOCCER KING

最終更新:6月14日(火)17時0分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合