ここから本文です

コパ敗退のブラジル、ドゥンガ監督解任へ…連盟内の擁護派も降参

SOCCER KING 6月14日(火)17時0分配信

 12日に行われたコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016のグループステージ第3戦でペルー代表に0-1と敗れ、29年ぶりのグループステージ敗退が決まったブラジル代表。同代表を率いるドゥンガ監督が解任される見通しとなった。ブラジルメディア『グローボ』が13日に報じている。

 ブラジル代表はペルー代表に0-1と敗れ、1勝1分け1敗の勝ち点4でグループ3位が決定。1987年大会以来のコパ・アメリカ・グループステージ敗退が決まった。

 まさかの敗退を受けて国内では批判が高まっているが、ブラジルサッカー連盟(CBF)内でもドゥンガ監督を解任する動きが加速しているようだ。報道によると、同監督とテクニカルディレクターを務めるジルマール氏の失脚が迫っている。

 ブラジル代表は2018年のロシア・ワールドカップ南米予選で第6節を終え、本大会出場圏外の6位に沈んでいる。成績不振に陥る中でも現体制を支持、擁護していた連盟内の派閥も、今回のコパ・アメリカ敗退を受けて解任阻止を断念したと伝えられている。

 報道によると、CBFのマルコ・ポーロ・デル・ネロ会長がアメリカから帰国した後、後任人事を決定して正式発表が行われる予定となっている。

SOCCER KING

最終更新:6月14日(火)17時0分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]