ここから本文です

伊クラブが争奪戦か…ミランやインテルら、バレンシアの独代表DFに興味

SOCCER KING 6月14日(火)18時27分配信

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランが、バレンシアのドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィへの関心を強めている。イタリアメディア『Sky』が12日に報じた。

 ミランは中国資本グループへクラブ売却を行う可能性が強まっている。ただ、クラブ最高責任者であるシルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長が心臓疾患のため、7日に病院へ緊急搬送された。同名誉会長は現在入院中で、クラブ売却交渉が先送りされただけでなく、選手補強や次期指揮官などの人事問題も停滞しているが、同クラブはムスタフィの獲得を望んでいる模様だ。

 サンプドリアでのプレー経験を持つ24歳のムスタフィは今シーズン、リーガ・エスパニョーラで30試合出場2ゴールを記録。同選手については、ミランのほか、ナポリやローマ、インテルも興味を抱いている模様だ。インテルはコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョの退団が決まった場合に、ムスタフィの獲得を目指すのではないかと予想されている。

 ムスタフィの移籍金は現段階で1500万ユーロ(約17億8000万円)と比較的安値な設定となっている。ただ、現在開催中のユーロ2016で活躍することになれば、価値は高騰すると見られる。同選手は12日に行われたウクライナ代表とのユーロ2016・グループステージ第1節に先発出場して先制ゴールを記録している。

SOCCER KING

最終更新:6月14日(火)18時33分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。