ここから本文です

古巣に疑問を投げかけるアンリ氏「バーディがアーセナルで持ち味発揮できるか?」

ゲキサカ 6月14日(火)7時38分配信

 元アーセナルのティエリ・アンリ氏は、レスター・シティのFWジェイミー・バーディがアーセナル行きをためらう理由がわからないとしならがも、アーセナルで活躍できるかは疑問だと話している。英『ミラー』が報じた。

 アーセナルは今月初め、イングランド代表FWに設定された約2000万ポンド(約30億円)の契約解除金を支払う準備があるとし、週給12万ポンド(約1800万円)で4年契約のオファーを提示していると報じられた。これを受けてエースの残留を目指すレスターが、2月に契約した倍にあたる週給10万ポンド(約1500万円)の新契約をバーディに提示しているとのこと。バーディ本人はEURO2016終了後に将来を決めるとしている。

 アンリ氏は「彼は29歳なんだ。それでアーセナルからオファーが来て『少し考えさせて』と言うだろうか。仮に僕が29歳でレスターでプレーしていたとして、アーセナルからオファーが来たら移籍するだろうね」とバーディが迷う理由が分からないとし、「もしかしたら、彼に新たな提案が届いたか、もしくは彼にとってアーセナルがもう魅力的なチームではなくなったのかもしれない」と予想している。

 ただ、アンリ氏もアーセナルのバーディ獲得の動きに疑問を持っているのは確かだ。「勘違いしないで欲しいのは、彼は最高のシーズンを過ごした。これは歴史に刻まれるような活躍だ」とレスターの優勝の立役者を称えながらも、「ただ、相手チームが自陣に引いた状態で、彼が持ち味を発揮できるかは疑問が残る。彼は素晴らしい活躍を見せたが、この点については僕の中で疑問なんだ」とバーディがアーセナルで活躍できるかはわからないとしている。

最終更新:6月14日(火)7時38分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]