ここから本文です

ベルギーから価値ある先制点! MOMのジャッケリーニ「素晴らしい夜になった」

ゲキサカ 6月14日(火)9時51分配信

[6.13 EURO E組第1節 ベルギー0-2イタリア リヨン]

 イタリア代表がFIFAランキングで欧州トップのタレント軍団・ベルギー代表を2-0で下した。先制点を挙げたMFエマヌエレ・ジャッケリーニがこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出されている。

 EURO2016本大会屈指の好カードとなったこの一戦。ベルギーの豪華攻撃陣をユベントスの選手を中心としたイタリアの守備がどこまで耐え、ワンチャンスを生かせるかが注目されていた。試合は前半32分に動く。ハーフウェーライン付近でボールを持ったDFレオナルド・ボヌッチがロングパス。一気に最終ラインの裏に通すと、スペースに走り込んだジャッケリーニが絶妙なトラップから右足でゴール右に流し込んだ。

 先制したイタリアは試合終了間際にもカウンターからFWグラツィアーノ・ペッレがボレーシュートを決め、2-0で重要な初戦を制した。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイトによると、MOMはジャッケリーニとし、得点シーンの冷静さを称えるとともに「しっかりと組織が構築されたイタリアの中盤で、この背番号23は替えが効かない歯車として存在感を発揮。前半にデ・ブルイネのシュートをブロックした場面でも強い印象を残した」と評している。

 また、ジャッケリーニは試合を振り返り、「今日は個人的に最高の日になったけど、このチームとイタリア、そして全国民にとっても素晴らしい夜になった。僕らは今日、ピッチで起こることが何より大事だということを証明した。なんとしてもピッチで結果を出すんだと監督に言われていたけど、それをやってみせたよ。でも、ガードを緩めるわけにはいかないよ」と気を引き締めた。

最終更新:6月14日(火)9時51分

ゲキサカ