ここから本文です

ブラジルが屈辱のコパ敗退…同僚擁護のネイマール「みんな好き勝手言い始める、くそったれだ」

ゲキサカ 6月14日(火)12時21分配信

 ブラジル代表は12日にコパ・アメリカのグループリーグ第3節でペルー代表と対戦し、0-1敗れた。これにより、グループ3位が決定し、1987年大会以来、29年ぶりの敗退が決まった。

 これを受けて、8月のリオデジャネイロ五輪に出場するため、今大会を欠場したFWネイマールがインスタグラム(@neymarjr)を更新。ブラジル代表の先発メンバーの集合写真を掲載し、「僕たちがここに来るまでやってきたことを誰も気に留めないし、かばってくれる人もいない。代表チームのユニフォームを着ることは誇りであり、僕らは愛を持って仕事に取り組んでいる」と綴った。

 サッカー王国・ブラジルが屈辱のグループリーグ敗退で国内外から多くの批判が上がっている。さらにドゥンガ監督の解任論も浮上している。ネイマールは、「みんな僕らについて好き勝手言い始めるだろう。くそったれだ」と過激な言葉を使って周囲の批判を牽制。その上で「サッカーというのはこんなものだ。僕はブラジル人だ。最後までチームと一緒にいたいと思う」とチームメイトを擁護した。

最終更新:6月14日(火)13時17分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。