ここから本文です

チェコ、あと一歩で勝ち点逃す…好セーブ連発のチェフ「簡単に受け入れられない」

ゲキサカ 6月14日(火)13時10分配信

[6.13 EURO D組第1節 スペイン 1-0 チェコ トゥールーズ]

 EURO2016は13日、グループリーグ第1節4日目を行ったD組ではチェコ代表が大会2連覇中のスペイン代表と対戦し、0-1で敗れた。

 チェコとしては苦しい試合となった。ほとんどの時間帯でスペインに主導権を握られ、ゴール前に人数を割かなければならなかった。それでも終盤まで無失点に抑え、勝ち点1が手に届くところまで来ていた。しかし、後半42分にDFジェラール・ピケにヘディングシュートを決められ、0-1で初戦を落とした。

 欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイトによると、パベル・ブルバ監督は「スペインが非常に良かったとはいえ、我々も初戦から自分たちのサッカーができたことに満足している。波乱を起こせなかったのは残念だが、選手たちは全力を尽くしてくれた。ペトル・チェフが好セーブを連発してくれなければ、そして守備全体がここまで安定していなければ、結果は違うものになっていたかもしれない。我々に3度の決定機があったことも事実だ」と試合を振り返った。

 また、好セーブを連発したチェフは「残り3分に失点して敗れれば、どんな試合でも簡単には受け入れられない。でも、86分までは本当にうまく戦えていたと思う。常に劣勢を余儀なくされたけど、どうにか持ちこたえ、もう少しで無失点のまま乗り切れるところだった。それでも残念ながら相手のクオリティーが非常に高く、最後にゴールを奪われてしまった」と唇をかんだ。

最終更新:6月14日(火)13時16分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]