ここから本文です

藤春と塩谷がリオ五輪のOA選手に内定…手倉森監督「伸びしろがすごくある選手」

ゲキサカ 6月14日(火)13時37分配信

 日本サッカー協会(JFA)は14日、リオデジャネイロ五輪に出場するU-23日本代表のオーバーエイジ選手が、ガンバ大阪のDF藤春廣輝と、サンフレッチェ広島のDF塩谷司に内定したことを発表した。

 92年バルセロナ五輪から男子サッカー競技では、23歳以下とする年齢制限が設けられた。その上で96年アトランタ五輪から、登録18人の中に最大3人まで24歳以上の選手を登録できるようになった。これがオーバーエイジ枠と呼ばれている。

 JFAを通じて手倉森誠監督は「リオデジャネイロ五輪では、タフさが求められます。そういう意味で2人ともタフですし、藤春選手はアップダウンの活動量、塩谷選手は対人の強さと高さを兼ね備えており、最終ラインの守備力と攻撃力を高めてくれることを期待しています。2人は間違いなくU-23年代の選手より経験があります。SAMURAI BLUE(日本代表)にはまだ定着しきれていませんが、これからの伸びしろがすごくある選手たちです。U-23日本代表のレベルを引き上げてくれると共に、2018年のロシアを見据えているこのチームで、彼らも成長する可能性があると思います」とコメントした。

最終更新:6月14日(火)13時42分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。