ここから本文です

[関西]関学大が大体大を下して2位!関西覇者・関西大は逆転劇みせる:第8節

ゲキサカ 6月14日(火)21時24分配信

第94回関西学生サッカーリーグ1部

 第94回関西学生リーグ1部の第8節が11、12日に各地で行われた。関西学生選手権の影響で約1か月の中断期間を経て、再開されたリーグ戦。今節では、阪南大が大阪学院大とスコアレスドローも首位の座は守った。3位・関西学院大は2位・大阪体育大に2-0で勝利し、勝ち点で並ぶと順位の入れ替えに成功している。

 勝ち点1差に上位3校がひしめく混戦模様のリーグ戦。阪南大は大阪学院大と0-0で引き分けた。リーグ連勝は6でストップ。とはいえ勝ち点1を加えると、2位以下を勝ち点1差に離して首位の座は守った。

 関西学院大は上位直接対決を制し、順位を上げた。関西選手権では総理大臣杯出場権を逃すという悔しい結果に終わったものの、しっかりと切り替えてきた。同選手権準優勝の大阪体育大と戦い、2-0の完封勝利。リーグ2位・大阪体育大と順位の入れ替えに成功し、3位から2位へアップした。

 前半15分にFW出岡大輝(4年=G大阪ユース)が先制点を決め、同24分にMF仲原潤也(2年=C大阪U-18)が追加点。シュート数も相手の5本を大きく上回る12本を放った。この勝利で関西学院大は、首位と勝ち点1差の2位に詰め寄った。大阪体育大は今季初の無得点。関西学院大に勝ち点18で並ばれると、得失点差2差で下回り、3位へ順位を落とした。

 またリーグ3連勝の勢いそのままに関西選手権で優勝した関西大は桃山学院大に2-1で勝利。先制されたものの追いつくと、後半アディショナルタイム2分にMF吉井佑将(3年=大社高)がシュートを決め、逆転勝利を飾った。

 関西大は中断前を含むとリーグ4連勝で5戦負けなし(4勝1分)。順位は7位と変わらないものの、4位の近畿大とはわずか勝ち点1差。さらなる順位浮上を目指す。

 近畿大は立命館大と2-2のドローで4位と変わらず。0-2の後半22分にMF國分将(4年=大分U-18)の得点で追いつき、後半アディショナルタイム3分にはDF川浪龍平(1年=G大阪ユース)が劇的同点弾。勝ち点1をもぎ取った。

 びわこ成蹊スポーツ大は最下位の大阪教育大に3-0の完封勝利。リーグ2連勝で8位から6位へ順位を上げた。京都産業大は同志社大に1-0で勝利し、開幕戦以来となる7戦ぶりの白星獲得。同志社大は痛恨の7連敗となっている。

【前期第8節】(6月11日)
[西京極総合運動公園太陽が丘陸上競技場]
京都産業大 1-0 同志社大
[京]和田健太郎(74分)

立命館大 2-2 近畿大
[立]吉永晧正(20分=補・佐當慧&木藤舜介)、佐當慧(51分=補・高畑智也)
[近]國分将(67分=補・横山航河)、川浪龍平(90分+3=補・村川亮太)

(6月12日)
[J-GREEN堺・メインフィールド]
びわこ成蹊スポーツ大 3-0 大阪教育大
[び]曽根田穣(16分=補・山本義道)、熊田克斗(63分=補・山本義道)、青山景昌(74分)

阪南大 0-0 大阪学院大

[三木総合防災公園陸上競技場]
桃山学院大 1-2 関西大
[桃]中井涼太(62分=補・岡佳樹)
[関]諸石健太(78分=補・藤村洋太、吉井佑将(90分+2=補・竹下玲王)

関西学院大 2-0 大阪体育大
[関]出岡大輝(15分=補・小川原一輝)、仲原潤也(24分=補・高尾瑠}})

[写真]関西大は後半ATに吉井佑将のゴールで逆転勝利

最終更新:6月14日(火)21時24分

ゲキサカ