ここから本文です

ジャパンEVラリー16 開催概要発表

carview! 6/14(火) 18:55配信

今年で3年目を迎える「ジャパンEVラリー」。EVの普及を目指す一般社団法人日本EVクラブが主宰する同イベントは、ラリーイベントを多くの人に楽しんでもらいながら、EVやプラグインハイブリッド車(PHEV)の性能や魅力を広める狙いのもと開催される。

【写真をもっと見る(5枚)】

今年は、開催ステージがこれまでの白馬から、白馬-乗鞍-高山へとスケールアップ。通常は一般車両の乗り入れが制限される乗鞍スカイラインで、「スペシャルステージ」が設けられる。これは地元の理解と協力を得て実現するもので、当ラリーの主旨に賛同した国内外のメーカーなどから提供されたPR車両が特別に走行できる。スペシャルステージへの参加は、乗鞍の自然をSNS等で広報できるレポーターのみ(要事前申込)。

「ジャパンEVラリー」は、時間や速度を競う競技ラリーではなく、EVとPHEVのオーナーが全国各地から集結し、ラリーを行うことで交流を図るもの。「白馬パレードクラス」「エキスパートクラス」「ファミリークラス」の3つの参加クラスが設定される。

開催日時は、7月16日(土)から18日(月曜祝日)まで。イベントは、メインとなるラリーのほか、電気自動車の使い方などさまざまなテーマのワークショップ、BBQを楽しみながら参加者全員を表彰するナイトパーティー、白馬村を巡る恒例のパレード、ミッションをクリアした方に賞品が贈られるEVラリーミッションなどが予定されている。

参加資格はEV・PHEVに乗って参加すること(レンタカーも可)。エントリー料は、全クラス1台につき6,000円(何人乗っても料金は同一)。参加者には、記念Tシャツ(1枚)ほかお土産がもらえる特典も。詳細はEVラリー特設ウェブサイト (http://www.jevc.gr.jp/rally2016/)にて。

株式会社カービュー

最終更新:6/14(火) 19:00

carview!