ここから本文です

10代の躍進と韓国勢の五輪代表枠争いに注目

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月15日(水)7時17分配信

米国女子ツアー「マイヤーLPGAクラシック」が16日(木)から4日間、ミシガン州のブライズフィールドCC で開催される。昨年は世界ランク4位のレクシー・トンプソンが逆転でシーズン初勝利を飾った。トンプソンは今季第4戦の「ホンダLPGAタイランド」で1勝を挙げ、賞金ランク7位。1勝を含む7度のトップ10入りを果たし好調だ。

米ツアーで戦う美しき戦士たちを紹介!米LPGAツアーフォトギャラリー

現在21歳のトンプソンの連覇に待ったをかける存在と見込まれるのは、さらに年少の10代選手だ。前週のメジャー第2戦「KPMG女子PGA選手権」でメジャー初制覇を果たした18歳の新鋭ブルック・ヘンダーソン(カナダ)と、そのメジャーでプレーオフまでもつれ込んだ世界ランク1位のリディア・コー(19=ニュージランド)に世界が注目する。

リオデジャネイロ五輪代表選出が7月11日に迫る中、依然、混戦が続く韓国勢の代表争いもいよいよ大詰め。韓国勢最上位の朴仁妃を除き、キム・セヨン、チョン・インジ、エイミー・ヤンらがエントリーし、代表切符獲得へラストスパートをかける。

日本勢は野村敏京、上原彩子の2人が参戦する。

【主な出場予定選手】
野村敏京、上原彩子、リディア・コー、ブルック・ヘンダーソン、レクシー・トンプソン、キム・セヨン、チョン・インジ、アリヤ・ジュタヌガン、エイミー・ヤン、ユ・ソヨン、フォン・シャンシャン、ミンジー・リー、アンナ・ノルドクビスト、ジェリーナ・ピラー

最終更新:6月20日(月)7時11分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)