ここから本文です

セイコーライコウ、函館スプリントS厩舎情報/美浦トレセンニュース

netkeiba.com 6月15日(水)14時54分配信

 3年連続して函館SS(GIII・芝1200m)に出走する9歳馬、セイコーライコウ(牡9・美浦・竹内正洋)が坂路コースで最終追い切りを行った。追い切り後、竹内調教師に話を聞いた。

「前走(韋駄天S・OP)は4着でしたが、直線1000mのレースでは気難しさを出さないで走ってくれますね。前走後は在厩で調整してきましたが、ここまで順調に来ています。先週良い時計を出していますので今週はサラッとやる程度でしたが、馬の状態は良いですね。脚元の方も問題はありません。函館SSは2年連続で4着ですが、流れが向いてくれれば今回も脚は使えると思います。函館には金曜日(6/17)に輸送します。9歳ですし、もう輸送は慣れていますね。この年齢ですが、頑張ってくれていますよ」

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:6月15日(水)14時54分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。