ここから本文です

グレンツェントなど、ユニコーンS厩舎情報/美浦トレセンニュース

netkeiba.com 6月15日(水)17時36分配信

 ユニコーンS(GIII・3歳OP・ダ1600m)に出走するグレンツェント(牡3・美浦・加藤征弘)が、ウッドチップコースで併せ馬の追い切りを消化した。追い切り後の加藤調教師のコメント。

「前走の青竜S(OP・1着)はいつもより前の位置取りで追いかけられる形の競馬になりましたが、勝負根性でしのいでくれました。前走後は少しイライラした仕草を見せていましたし、ノーザンファーム天栄に放牧に出しました。こちらでは先週、今週と、長めからいつも通りしっかりと追い切っています。今日もじっくり息を作る調整でした。派手な動きをするタイプではないので物足りなく見えるかもしれませんが、この馬なりにしっかり動けていました。状態も良いと思います。

 毎回終いの脚をしっかり使ってくれて、そのあたりがノンコノユメと似ています。前走は初めての東京コースでしたが上手に走ってくれましたし、今回は2回目なのでさらにうまく走ってくれるでしょう。ペース次第ですが、前走のように前めの位置でも競馬ができますし、控える競馬もできます。そのあたりは、ジョッキーが判断してくれるでしょう」

 なおストロングバローズ(牡3・美浦・堀宣行)は、明日木曜日(6/16)に追い切る。

 また前走の青竜Sでグレンツェントのハナ差の2着と惜敗したアルーアキャロル(牡3・美浦・新開幸一)は、トモに疲れが出たために同レースを回避することとなった。

「ここで無理をせずに大事にしていきたいので、回避をすることにしました。近々、ノーザンファーム天栄に放牧に出します。夏は得意ではないですし、秋に備えます」と管理する新開調教師。

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:6月15日(水)17時36分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。