ここから本文です

台湾シェフが手掛けるフレンチ店、世界のレストランベスト50に

中央社フォーカス台湾 6月15日(水)11時21分配信

(ニューヨーク 15日 中央社)英・料理専門誌「レストラン」が現地時間13日、米ニューヨークで開いた2016年の「世界のベストレストラン50」授賞式で、台湾出身のアンドレ・チャン(江振誠)氏がオーナーシェフを務めるシンガポールのフランス料理店「レストラン・アンドレ」が32位に選ばれた。昨年は46位で、今年は大きく順位を上げた。

リストはレストラン業界で影響力を持つ約1000人の専門家で構成される「世界のベストレストラン50」アカデミーの投票に基いて作成。世界27の地域に分かれており、それぞれ36人の審査員によって評価が行われた。今年は世界6大陸、23カ国・地域のレストランがリスト入りした。

アジアから入選したのは6店。東京のNARISAWAが8位、日本料理龍吟が31位に、香港のアンバーが20位、タイからはガガンとナームがそれぞれ23位、37位に選ばれた。中国大陸・上海のウルトラバイオレットは42位に入った。台湾のレストランはランク入りを逃した。

1位に輝いたのは、昨年2位のイタリアのオステリア・フランチェスカーナだった。

(編集:名切千絵)

最終更新:6月15日(水)11時21分

中央社フォーカス台湾

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。