ここから本文です

松山英樹 高難度のオークモントに「行ったところ勝負」

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月15日(水)9時13分配信

2016年のメジャー第2戦「全米オープン」は16日(木)、ペンシルベニア州のオークモントCCで開幕する。松山英樹は前週末から当地で調整中。2日前の14日(火)は事前ラウンドをせず、練習場でのチェックに終始した。

2200枚オーバー! 松山英樹のフォトギャラリー

昼下がりにドライビングレンジで打ち込んだあと、パッティンググリーンにいた松山に声をかけにやってきたのは青木功だった。日本ゴルフツアー機構(JGTO)の新会長は、例年通り同大会のテレビ解説のため会場入り。「ヒデのパターはオレのよりもグリップが細くてヘッドが重いんだよなあ」などと談笑を交わし、練習の様子を注視した。

大会最多の9回目の開催を迎えるピッツバーグ郊外の名門クラブ。今年はコースレーティング「77.8」という高難度で、グリーンスピードは14.5フィートと高速に設定される見通しだという。松山は3週前に当地を訪れて練習ラウンドを行ったが、前週末から谷原秀人らとコースチェックを重ねても、ただ「難しい」という印象ばかりが残るだけ。

「誰がやったって難しい。それはおもしろい。スコアはやってみないとわからないと思いますよ。みんな難しいとしか言わないと思う」

フェアウェイは左右前後に傾斜し、ラフは長く、根が強い。前回の2007年大会以前から木々が多く伐採され、ここ数年でさらに減ったことで、風の影響をより受けるようになった。バンカーも深く、グリーンはうねる。注意すべき点があまりに多い。同大会の最近の傾向から、ピンポジションだけでなく、ティマークの位置も日々変化に富んだものになることが予想される。攻略ポイントを具体的に絞ることを拒み、淡々と「まったく想像できないところもある。行ったところ勝負でいい」と言った。

直近の出場試合となった2週前の「ザ・メモリアルトーナメント」では予選落ちしたが、「ここで勝つための準備をするだけだと思っていた。良い練習ができた」と好感触もある。

ただ「普通の1試合だと思ってやろうと思う。特別意識して良いことがあれば毎回そうするけれど…」と平常心を貫くつもりだ。日々の状態に過敏にならないことを強調するのは、2カ月前の苦い記憶を覚えているからこそ。「マスターズは良い状態で行ったら、試合ではダメだった。だからいまの状態は気にしていない」。調子の波に一喜一憂して、メジャーの頂点がつかめるとは思わない。じっくり取り組んできたことを信じるだけだ。(ペンシルベニア州オークモント/桂川洋一)

最終更新:6月15日(水)12時33分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]