ここから本文です

池田勇太は6年ぶり「全米OP」へ気分上々 あの映画で英気も

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月15日(水)9時59分配信

16日(木)に開幕する「全米オープン」に出場する5人の日本勢のうち、池田は会場のオークモントCCに最後に入った。前週12日(日)に渡米し、13日(月)からコースでのラウンドを開始。2日連続で18ホールを回った。コースチェックを終えたあとは、すぐにツアーバンに足を運び、クラブについても急ピッチで調整を進めている。
 
「難しい。タフだよね。悪い方にはまってしまうと、どんどん難しくなるコース。冷静にやるしかない」。

【画像】もう見慣れた? イメチェン池田勇太が今季1勝目

池田にとってはペブルビーチGLで行われた2010年以来2回目の出場となる。フェアウェイ、グリーンと各所のアップダウンが激しく、傾斜を把握する下調べと、ボールの転がりを想像する力も勝負を左右しそうな今大会。「傾斜が大変。目の錯覚も結構起きそうだし、惑わされないようにしないと。木もほとんどなくて、風が強くなったら本当に難しくなる。ボールが通るルートを覚えれば何とかなる。マスターズに近いものがあると思う」と分析した。

かねてこの世界一の称号を争うメジャーに意欲を口にしてきた。ただ、今年はこの4日間を“単なる1試合”とは捉えていない。「全米オープンが昔から好きだからどうこうというわけではなく、この試合は結構頑張りたい。気合が入っている」。

世界ランキングをもとにした五輪ランキングでは、依然として松山英樹に次ぐ2位をキープ。リオデジャネイロ五輪で日の丸を背負う候補の圏内にいる。「リオもそうだけど、(例年世界ランキング100位以内の選手が招待される)全米プロのことも頭にある。ここで頑張ればいろいろと見えてくる」。今週は視界をひろげる戦いという位置づけだ。

3タックパンツのスタイルをやめ、クラブも替え、心機一転した今季。米国にはシューズもマスターバーニー・ブランドのニューモデルを持ち込んだ。外見の変化に「やっと慣れてきたところ」というが、“根本”までは変わらない。

幼い頃から大ファンのテレビドラマ「あぶない刑事」。今年1月に映画が封切された際には、バラエティ番組で舘ひろし、柴田恭兵らと共演し、それこそ作品を見尽くした。だが今回の渡米中、国際線の機内ビデオプログラムでさらに「2回観た」。気分は上々。モチベーション高く、メジャーに臨む。(ペンシルベニア州オークモント/桂川洋一)

最終更新:6月15日(水)11時37分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]