ここから本文です

基隆港開港130周年 祝賀パーティーに日本の5県市も出席へ/台湾

中央社フォーカス台湾 6月15日(水)12時17分配信

(基隆 15日 中央社)基隆市は今月25日、基隆港開港130周年に合わせ、盛大なイベントを開催する。祝賀パーティーには、同市姉妹市促進会の招待により、世界8カ国および6都市を代表する来賓計69人が出席。日本からも5県市の代表者が出席し、節目の年を祝う。

招かれた日本の地方自治体は、広島県呉市、香川県高松市、熊本県八代市、静岡県、石川県中能登町。また、日本の対台湾窓口機関、交流協会の代表者も参加する。

イベントでは、パレードのほか、有名バンドや歌手が登場するコンサート、光のショーなどが催される。

イベントを機に市のイメージを向上させようと、同市は最近、古びれた看板や電線の撤去、環境の整頓、修復などの作業も実施した。

(黄旭昇/編集:名切千絵)

最終更新:6月15日(水)12時17分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。