ここから本文です

ジェイク・シマブクロ新作『ナッシュビル・セッションズ』発売 日本のファンに感謝を込めた「ありがとう(仮)」収録

CDジャーナル 6月15日(水)17時4分配信

ジェイク・シマブクロ新作『ナッシュビル・セッションズ』発売 日本のファンに感謝を込めた「ありがとう(仮)」収録

ジェイク・シマブクロ新作『ナッシュビル・セッションズ』発売 日本のファンに感謝を込めた「ありがとう(仮)」収録

 2002年にミニ・アルバム『サンデー・モーニング』で日本デビューを果たしたウクレレ奏者、ジェイク・シマブクロ。今年7月にはデビュー15周年というアニバーサリーに突入する彼が、ニュー・アルバム『ナッシュビル・セッションズ』の国内盤を9月28日(水)にリリース。なお、続く10月には来日ツアー〈AMERICAN EXPRESS JAKE SHIMABUKURO JAPAN TOUR 2016〉を開催、現在はファンクラブアプリ「yodel」にてチケット先行受付を実施中です。

 アメリカ・ナッシュビルにて、現地ミュージシャンからのインスパイアを受けながらレコーディングされたという『ナッシュビル・セッションズ』は収録曲全てがオリジナル曲という、ジェイクにとって初の試みとなる作品。ウクレレ、ベース、ドラムのトリオ編成で挑んだサウンドは、ジャンルを越えて伝わる奔放で大胆なものとなっているそう。国内盤にはボーナストラックとして、日本のファンに15周年の感謝を込めた「ありがとう(仮)」も収録されます。

最終更新:6月15日(水)17時4分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。