ここから本文です

大西ユカリ、松田翔太主演『ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS』テーマソングに決定

CDジャーナル 6月15日(水)17時4分配信

大西ユカリ、松田翔太主演『ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS』テーマソングに決定

大西ユカリ、松田翔太主演『ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS』テーマソングに決定

 大阪を拠点に活動する“ソウルシンガー”こと大西ユカリが、テイチクエンタテインメントへの移籍後初となるシングル「大阪に雨が降れば」を7月20日(水)にリリースします。なお、本作にカップリング曲として収録され、作詞を宮藤官九郎、作曲・編曲を横山 剣(クレイジーケンバンド)が手がけた「ユカリ☆EXPLOSION」は、9月3日(土)に公開される松田翔太の主演映画『ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS』のテーマソングに決定。6月16日(木)に、大西がパーソナリティをつとめるFM OSAKA『GOOD MORNING OSAKA』でラジオ初オンエアを予定しています。

 「ユカリ☆EXPLOSION」に加え、「大阪レイニイナイトII」という楽曲も『ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS』で使用されることが決定しており、こちらは元憂歌団のメンバーでブルース・ギタリストの内田勘太郎が作詞・作曲を担当。8月24日(水)にリリース予定となっているオリジナル・アルバム『EXPLOSION』に収録されます。

最終更新:6月15日(水)17時4分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。