ここから本文です

<小林幸子>今度はゲームに“降臨”! 「PSO2」でバーチャルライブ

まんたんウェブ 6月15日(水)23時25分配信

 “ラスボス”の愛称でネットを中心に人気を集めている歌手の小林幸子さんが、人気オンラインRPG「ファンタシースターオンライン(PSO)2」(セガゲームス)でバーチャルライブを繰り広げることが15日、明らかになった。地球の歌姫としてゲームに“降臨”する小林さんは同日、東京都内で行われた「PSO2『地球親善大使』就任式」に出席し、「ゲームにも登場することになりました。実年齢より半分以下のプリップリの可愛い小林幸子が出てきます!」と満面の笑みでアピールした。

【動画】“ラスボス”小林幸子、ゲーム内でど派手ライブ!

 「PSO2」は、プレーヤーが惑星間航行船団「オラクル」の調査隊・アークスの一員としなってさまざまな惑星を探索するRPG。小林さんは8月中旬のアップデートで、新たに登場した惑星「地球」にちなんだ「地球親善大使」として、作曲家・ビートまりおさんがゲームのために手がけたオリジナル楽曲「ヨーコソ・アークス」をひっさげ、ゲーム内でバーチャルライブを実施する。

 “メガ幸子”や巨大なフェニックスも登場する、ど派手なバーチャルライブ映像も紹介され、小林さんは「驚きました。すごいですね!」と興奮。フェニックスに乗ってステージを飛び回る演出に「実際にやってみたいくらい」と目を輝かせ、自身のキャラクターについては「実年齢の半分以下(の見た目)が一番うれしい」と大喜び。「ヨーコソ・アークス」のCD化の予定はないというが、「この曲で紅白に?」と質問されると、「セガさん、頑張りましょう!」と色気を見せていた。

最終更新:6月15日(水)23時27分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。